渇愛の果て、

映画『渇愛の果て、』初日舞台挨拶 レポート「感じたままに、友人や大切な人と話して欲しい」

映画『渇愛の果て、』の初日舞台挨拶が5月18日(土)、新宿K’s cinemaにて行われ、監督・脚本・主演の有田あん、妻・眞希の妊娠・出産に向き合う夫・山元良樹役の山岡竜弘、母親としての先輩・竹中里美役の小原徳子、未婚の女優・白井桜役の瑞生桜子、仕事を理由に妊娠を先延ばししているキャリアウーマン・東堂美紀役の小林春世、「役者だけに集中したい」と言う桜の彼氏・中西隆役の二條正士が登壇した。

映画『渇愛の果て、』特報&場面写真、山岡竜弘、輝有子、小原徳子、辻凪子ら出演者のコメント掲載

映画『渇愛の果て、』が、5月18日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開される。本作は、「家族・人間愛」をテーマにし、あて書きベースの脚本で舞台の公演を行なってきた「野生児童」主宰の有田あんが、友人の出生前診断(しゅっせいぜんしんだん)の経験をきっかけに、助産師、産婦人科医、出生前診断を受けた方・受けなかった方、障がい児を持つ家族に取材をし、実話を基に制作した、群像劇。特報、場面写真及び、出演の山岡竜弘、輝有子、小原徳子、瑞生桜子、小林春世、辻凪子のコメントを掲載。