映画

1/12ページ

映画『MAYONAKA』池袋シネマ・ロサにて上映開始。初日舞台挨拶開催。

5月21日(土)、池袋シネマ・ロサにて、映画『MAYONAKA』が上映開始。上映初日に舞台挨拶が行われ、キャスト5名が登壇した。登壇者は、W主演の暁月ななみ、高城ツヨシ。白畑真逸、内藤正記、川尻アンジェロ実。司会を高城さんが務め、フリートークを展開した。

木場明義監督2作品が上映決定。『サイキッカーZ』、『地元ピース!幻想ドライビング』

木場明義監督2作品が6月11日から名古屋のシネマスコーレにて1週間上映されることが決定。上映2作品は、特殊な能力を持っていながら自分たちの力を活かす場所がない仲間たちと活躍の場を模索するコメディー作品の『サイキッカーZ』。栃木県・岐阜県・宮城県出身の3人の俳優の地元で短編を制作した作品『地元ピース!幻想ドライビング』。

映画『距ててて』加藤紗希監督、脚本・豊島晴香。映画美学校への道。二人の最悪の出会いとは

5月14日から、ポレポレ東中野にて、映画『距ててて』が上映スタート。本作は、振付師・俳優の加藤紗希と脚本・俳優の豊島晴香の「点と」という創作ユニットが製作した初長編映画。写真家を目指すアコとフリーターのサンを主人公とした4章構成のオムニバス作品。 どのように映画美学校へ進み、どのように出会ったのかお話しいただきました。

映画『距ててて』制作・配給・宣伝すべてを自主で活動し、迎えた初日舞台挨拶

5月14日(土)、ポレポレ東中野で映画『距ててて』が上映初日を迎えた。上映後舞台挨拶が開催され、加藤紗希(監督)、豊島晴香(脚本)、釜口恵太、神田朱未、髙羽快、湯川紋子の6名が登壇し、改めて劇場で観た感想や撮影当時のエピソードを振り返った。

期待の新鋭・武石昂大が監督した、次世代型恋愛短編映画『そこで待ってて…』(主演・山本亜依)YouTubeチャンネル『恋愛由来』にて公開決定

6/10(金)より、女優・山本亜依を主演とした作品、『そこで待ってて…』を公開予定。本作品は初監督作品がカンヌ国際映画祭で上映された期待の新鋭監督・武石昂大。山本亜衣はNetflix「ヒヤマケンタロウの妊娠」、映画「君の鳥はうたえる」などで活躍する女優。

映画『ファーストミッション』池袋HUMAXシネマにて5/12木まで大ヒット上映中

5月6日(金)から5/12(木)まで、池袋HUMAXシネマにて、映画『ファーストミッション』が上映中。上映初日から行われた舞台挨拶には多くの来場者が訪れ、3日目の8日(日)には満席となった。本作の制作にあたっては、コロナ禍の閉塞感をエンターテインメントの力で打ち破ろうという試みが背景としてある。

映画『まっぱだか』初日舞台挨拶。監督、キャストが脱ぎ捨てたもの

5月7日、新宿K's cinemaにて、映画『まっぱだか』の上映が開始。初日の舞台挨拶が行われ、W主演の柳谷一成、津田晴香、そして、片山享、安楽涼の涼監督が登壇した。 舞台挨拶では本作制作のきっかけとなる神戸・元町映画館との関係や、主演二人のキャスティング、あて書きの話が明かされた

1 12