映画祭

1/2ページ

「第33回 東京学生映画祭」授賞式開催。3部門の受賞作品発表

2022年8月21日(日)、渋谷・ユーロライブにて、「第33回 東京学生映画祭」授賞式が開かれた。東京学生映画祭とは「東学祭」の名で知られる国内最大規模の学生映画祭。学生の制作した映像作品を全国から募集しており、コンペティション形式でグランプリを決定。

「第33回東京学生映画祭」渋谷・ユーロライブ にて、8/20土-8/21日に開催

2022年8月20日(土)-8月21日(日)の2日間、渋谷・ユーロライブにて「第33回東京学生映画祭」が開催される。上映作品数は全13作品(実写長編部門...4作品、アニメーション部門...4作品、実写短編部門...4作品、特別招待作品...1作品)。本映画祭への応募総数は204作品に及んだという。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022、OP上映『世界の始まりはいつも君と』舞台挨拶

2022年7月16日(土)、SKIPシティ 映像ホールにて、「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022」のオープニングセレモニー&オープニング上映『世界の始まりはいつも君と』舞台挨拶が行われた。 『世界の始まりはいつも君と』舞台挨拶には、手島実優、根矢涼香、栗生みな、磯部鉄平監督が登壇。撮影時のエピソードが語られた。

「ルデコショートフィルムパーティ」短編映画上映を企画した女優2人(広山詞葉・里内伽奈)

2022年6月21日(火)から6月26日(日)まで、ギャラリー・ルデコ4Fにて、『ルデコショートフィルムパーティ』が開催。本イベントは二人の俳優(広山詞葉、里内伽奈)がプロデューサーとして企画。24本の短編映画と1本の特別上映作品を上映、上映作品の監督・クリエイター同士のトークイベントを組み合わせた企画。

「ルデコショートフィルムパーティ」短編映画上映・交流会を企画したきっかけとその想い

2022年6月21日(火)から6月26日(日)まで、ギャラリー・ルデコ4F(渋谷区渋谷3-16-3, 渋谷駅から徒歩5分)にて、『ルデコショートフィルムパーティ』が開催される。本イベントは二人の俳優(広山詞葉、里内伽奈)がプロデューサーとして企画。24本の短編映画と1本の特別上映作品を上映するとともに、上映作品の監督・クリエイター同士のトークイベントを組み合わせた企画となっている。上映の時間枠ごと […]

高崎映画祭での上映を聴いて飛び上がるくらい嬉しかった。映画『愛のくだらない』野本梢監督

3月27日(日)、シネマテークたかさき(群馬県高崎市)にて、映画『愛のくだらない』が上映された。 上映後舞台挨拶に、主演の藤原麻希、出演している群馬県前橋市出身の手島実優。野本梢監督が登壇。本作撮影のきっかけや、本作出演のエピソードを語った。

5つの言語が飛び交う現場で、国籍関係なく得られた実感を今後も持ち続けたい。映画『ある殺人、落葉のころに』三澤拓哉監督

3月26日(土)、高崎芸術劇場(群馬県)にて、第35回高崎映画祭授賞式が開催。映画『ある殺人、落葉のころに』で新進監督グランプリを受賞した三澤拓哉監督が感謝と本作の撮影現場で得られた実感について語った。 三澤拓哉監督は5つの言語が飛び交う現場について、香港のプロデューサーの黄飛鴻とふりかえり、どんな撮影だったを語った。