2022年8月

1/2ページ

里内伽奈プロデュース・脚本・主演『ささくれ』劇場公開決定。板尾創路ら出演、コメント到着

10月8日(土)~14日(金)、池袋シネマ・ロサにて、里内伽奈プロデュースの新作『ささくれ』と、2021年に俳優の里内伽奈初プロデュース・脚本により製作された短編映画『誰のための日』が1週間限定レイトショーにて劇場公開される。ポスタービジュアル、予告、スチール写真が解禁された。

「第33回東京学生映画祭」渋谷・ユーロライブ にて、8/20土-8/21日に開催

2022年8月20日(土)-8月21日(日)の2日間、渋谷・ユーロライブにて「第33回東京学生映画祭」が開催される。上映作品数は全13作品(実写長編部門...4作品、アニメーション部門...4作品、実写短編部門...4作品、特別招待作品...1作品)。本映画祭への応募総数は204作品に及んだという。

映画『よく晴れた日のこと』インタビューで明らかになる本作のテーマ(?)デートって…

9月17日(土)から、池袋シネマ・ロサにて、映画『よく晴れた日のこと』が公開される。今回、監督とキャストの皆さんにお時間をいただき、インタビューを実施しました。インタビュー当日は七夕の日。短冊を用意し、みなさんで願い事を書き撮影を行いました。また、映画のタイトルに合わせ、よく晴れた空の色に合わせた衣装にも注目です。

映画「真白の恋」の朗読劇化決定。ただ“普通の恋”のはずなのに、誰もがその恋に涙した…

2022 年秋、東京・富山で『「真白の恋」~世界で最も美しい湾―朗読劇』の上演が決定。 「真白の恋」は 2017 年に富山県射水市(新湊)を舞台に映画化。港町を舞台に、軽度の知的障がいのある主人公・真白(ましろ)の初恋を描いたこの作品は、様々な問題に直面しながらも前向きに人生を歩んでゆく人々の姿を描きつつ、富山の魅力も伝える珠玉の感動作。 映画でも原作・脚本を務めた北川亜矢子がふたたび脚本を担当し […]

映画『とおいらいめい』 三姉妹を演じた3人の個性が作品を台本以上のものにしてくれた。

8月27日(土)から池袋シネマ・ロサにて、映画『とおいらいめい』が公開。今回、大橋隆行監督と三姉妹の長女・次女役を演じた吹越ともみさん、田中美晴さんにお時間をいただき、本作制作のきっかけと、オーディション時の忘れられないエピソード、女優お二人の趣味についてもお話を伺いました。

映画『3653の旅』、『彼女たちの話』上映初日。中村更紗、稲村美桜子、出演の気持ち語る

2022年8月13日(土)、池袋シネマ・ロサにて、映画『3653の旅』、『彼女たちの話』が上映を開始。初日舞台挨拶には2作品に主演・出演するキャストと野本梢監督が登壇。登壇者は、中村更紗、二田絢乃、稲村美桜子、卯ノ原圭吾。 オファーから出演への思い、脚本を読んだ感想。主演にあたって心がけたことを語った。

メイキングと本編が同時進行。新機軸パラレル映画『ダイナマイト・ソウル・バンビ』上映決定

9月10日(土)~16日(金)までの期間、新宿K’s cinema にて、映画『ダイナマイト・ソウル・バンビ』の公開が決定。本作は映像制作チームのシネマ健康会 松本卓也監督の新作長編映画。海外の映画祭などへの参加を経て、遂に劇場公開を迎える。上映期間中は、連日、トークイベントが予定されている。

深田隆之監督 最新作『ナナメのろうか』早くも劇場公開。奥山和由らから応援コメント到着

深田隆之監督の最新作『ナナメのろうか』が、ポレポレ東中野での公開が決定した。深田隆之監督は、初の劇場公開作『ある惑星の散文』が本年6月に上映され話題を呼んだ。 本作は改装される予定の祖母の家に来た姉妹二人の関係の変化を描く珠玉の44分。前作『ある惑星の散 文』は作家性や芸術性の高さが評価される映画祭での上映が相次いだ。

『彼女たちの話』(併映『3653の旅』)出演者情報。笠松七海、野本梢監督コメント。

8月13日(土)より池袋シネマ・ロサにて同時上映される映画『彼女たちの話』および『3653の旅』の出演者情報、ビジュアル、特報が公開されている。 『彼女たちの話』は女性の社会進出における不遇を目の当たりにするも、男女という対立構造に疑問を持ち始める中学生の少女を描いた中編映画。

映画『3653の旅』中村更紗、野本梢監督インタビュー。出演の決意、改めて前を向かされた

8月13日(土)から、池袋シネマ・ロサにて、映画『3653の旅』そして、『彼女たちの話』が同時上映される。今回、野本梢監督と両作品に出演する中村更紗さんにお時間をいただき、中村さんの主演となる『3653の旅』とご自身についてお話を伺いました。