ここ以外のどこかへ

コロナ禍を舞台とし、家族の在り方を主題にした映画『ここ以外のどこかへ』劇場公開決定

6月18日に池袋シネマ・ロサにて、椎名零監督作品『ここ以外のどこかへ』の上映が決定。本作はコロナ禍を舞台とし、家族の在り方を一つの主題とした作品。 監督を務める椎名零は前作「グラデーション」が2021年6月池袋シネマ・ロサ「新人監督特集vol.7」にて劇場公開され、注目を集めている新鋭監督の一人。 応援コメントも到着

制作支援CF開始から一週間で目標額達成!自主映画『ここ以外のどこかへ』

8月29日に制作支援クラウドファンディング(以下、CF)を開始した自主映画『ここ以外のどこかへ』が、開始から一週間で目標額を達成した。 『ここ以外のどこかへ』 は、今年6月、池袋シネマ・ロサ「新人監督特集vol.7」にて、映画『グラデーション』が劇場公開された新鋭・椎名零監督が現在制作中の最新作。制作支援クラウドファンディングは8月29日より「Motion Gallery」にて開始されており、目標額の達成後も10月15日まで制作支援CFは継続される。