28/32ページ

28/32ページ

家族・親子の役積みの時間や撮影地の住民の方との関係性を大切にして撮影。映画『誰かの花』上映開始

1月29日、渋谷ユーロスペースにて、映画『誰かの花』が上映を開始。上映初日には、主演のカトウシンスケ、その母親役の吉行和子、奥田裕介監督が登壇。本作の撮影前・撮影中のエピソードを語った。 本作は、横浜シネマジャックアンドベティの30周年企画映画。昨年末に同劇場にて先行上映された後、年明けの今日、上映館を広げて公開を開始した。

人に憑く「虫」を除霊。泣き虫・浮気虫・かんしゃく虫。映画『除霊女』特別上映イベントレポート

1月27日、渋谷ユーロライブにて映画『除霊女』の特別上映イベントが開催。本作の第一話の上映に加え、監督・キャストによる舞台挨拶。主題歌を歌うPINONによるライブが行われた。 舞台挨拶の登壇者は、髙橋栄一監督、菅井玲、滝川大地、野田英治、鈴木聖奈、小沢まゆ、今谷フトシ。本作製作の経緯やエピソードを語った。 映画『除霊女』は、COLLABO+とスタジオモノロンがコラボにより制作された作品。今回のイベントで上映される第一話(35分)に続き、3月以降に15分のドラマ形式での配信が予定されている。

街のどこに行っても工場に見られているようなロケーションが気に入った。奥田裕介監督『世界を変えなかった不確かな罪』

横浜ジャック&ベティにて、映画『世界を変えなかった不確かな罪』が1月22日(土)から1月28日(金)まで上映されている。 ジャック&ベティでは、1月29日から本劇場の30周年企画映画『誰かの花』が公開される。それに伴い、奥田裕介監督の劇場デビュー作となる『世界を変えなかった不確かな罪』がリバイバル上映となっている。1月23日、上映前舞台挨拶として、奥田裕介監督と富岡英里子さんが登壇。撮影地として安中を選んだ理由、役作りへの取り組みについて語った。

島根オールロケのヴァカンス映画『クレマチスの窓辺』特報&場面写真公開。キャストコメントも到着

島根県オールロケとなるヴァカンス映画『クレマチスの窓辺』が4月8日(金)からヒューマントラストシネマ渋谷にて公開される。本作の主演は瀬戸かほ。モデルとして活躍し、「愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景 vol.1」などで女優としてもいま注目を集めている。 今回、特報と場面写真が解禁となった。また、主人公の従兄妹・菊池みずき役の里内伽奈、菊池駿介役の福場俊策、駿介の婚約者・倉本結梨役の小山梨奈からコメントが到着した。

サイキックコメディ映画『サイキッカーZ』。女優2人の役者を目指すきっかけとメッセージ

1月15日から池袋シネマ・ロサにて映画『サイキッカーZ』が4週間に渡って上映される。 今回、本作出演の吉田蒼さんと吉見茉莉奈さんにインタビューの機会をいただき、役者を目指すきっかけや本作についてのエピソードをお聴きしました。

「かもしれない」、「ではないかもしれない」と脚本に書き込んだカトウシンスケ。役に取り組むための視点。

横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年企画映画となる『誰かの花』が、1月29日(土)~ユーロスペース、ジャック&ベティほか順次全国にて公開される。 横浜シネマ・ジャック&ベティは横浜黄金町で30年営業を続ける2スクリーンの老舗の映画館。本作は、2021年に30周年を迎えるジャック&ベティの企画作品としてつくられた。 今回、本作主演のカトウシンスケさんに取材の機会をいただき、あて書きされたという脚本やご自身の役に取り組む工夫について伺いました。

サイキックコメディ映画『サイキッカーZ』。短編版から長編化へ超変化。監督・主演俳優インタビュー。

1月15日から池袋シネマ・ロサにて映画『サイキッカーZ』が4週間に渡って上映される。 今回、本作の木場明義監督と主人公アキラ役の中山雄介さんにインタビューの機会をいただき、それぞれの映画監督、役者を目指すきっかけや本作についてのエピソードをお聴きしました。

俳優・山本真莉の芝居と演出の衝突。そこから見えてきた主人公・カゲの佇まい。見つめた瞳に映るものとは

1月8日から池袋シネマ・ロサにて上映される映画『静謐と夕暮』。本作の主人公カゲを演じた山本真莉さんに俳優を目指したきっかけ、そして、本作制作に関わるにあたっての経緯を伺いました。インタビューに同席した本作の梅村和史監督と唯野浩平プロデューサーからも3人のスタッフ体制ならではのエピソードをお話しいただきました。

『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ』の小谷忠典監督最新作『たまらん坂』が四年の歳月を経て完成。

国内外で注目を集めたデビュー作『LINE』をはじめ、『ドキュメンタリー映画100万回生きたねこ』 『フリーダ・カーロの遺品石内都、織るように』など意欲作を生み出してきた小谷忠典監督が、長編劇映画『たまらん坂』を完成。2022年3月19日(土)より新宿Kʻs cinema ほか全国順次公開となる。 本作は武蔵野大学/武蔵野野文学館の協力の元、黒井千次氏の短編集を基に撮影期間は四年に及んだ。マルセイユ国際映画祭をはじめ各国の映画祭で評価された本作が待望の日本公開決定。 劇場公開決定にあたり小谷忠典監督よりコメントが到着した。

歌人・東直子の短歌を原作とした映画『春原さんのうた』杉田協士監督、主演・荒木知佳。初日舞台挨拶。

1月8日、ポレポレ東中野にて、映画『春原さんのうた』の上映が開始。初日舞台挨拶には、主演の荒木知佳、原作の歌人・東直子、杉田協士監督が登壇。公開初日を迎えた喜びを語った。 この日、舞台上では、マルセイユ国際映画祭(FID)俳優賞受賞の賞状が杉田監督から荒木さんに手渡された。

1 28 32