「ちば映画祭定期上映会vol.5」2024年7月14日(日)開催。吉開菜央監督『Shari』、清原惟監督『わたしたちの家』を上映

「ちば映画祭定期上映会vol.5」2024年7月14日(日)開催。吉開菜央監督『Shari』、清原惟監督『わたしたちの家』を上映

「ちば映画祭定期上映会vol.5」が、2024年7月14日(日)、千葉市生涯学習センター 小ホールにて開催。上映作品は、吉開菜央監督『Shari』、清原惟監督『わたしたちの家』。上映後には作品関係者を招いたトークも予定している。

■ 「ちば映画祭定期上映会vol.5」

名  称:ちば映画祭定期上映会vol.5
日  時:2024年7月14日(日)①11時~ ②14時~
会  場:千葉市生涯学習センター 小ホール(B1F)
     千葉市中央区弁天3丁目7番7号

上映作品:① 吉開菜央監督『Shari』 ② 清原惟監督『わたしたちの家』

料  金:各前売1,000円
各当日1,300円
前売は5月30日よりteket (テケト)にて発売

定  員:各60名
主  催:ちば映画祭実行委員会
問い合わせ先:chibaeigasai@gmail.com(お客様用) 

共  催:千葉市生涯学習センター
後  援:千葉市
協  力:株式会社両見英世デザイン事務所


プログラム①

『Shari』63分 / 2021年 / 日本 / 千葉県初上映 / 2021年劇場公開作品

監督:吉開菜央 撮影:石川直樹
出演:海、山、氷、赤いやつ、斜里町の人々、吉開菜央

第51回 ロッテルダム国際映画祭 短・中編部 招待上映

第35回 高崎映画祭 監督たちの現在(いま)上映知床半島・斜里町に、ふいに現れた「赤いやつ」。そいつは、その土地に生きる人々の家を訪ねて歩く。ここにしかない、日常が愛おしくなるその暮らし。会って彼らの声を聴く。「今年は雪が全然降らない。」「流氷も、なかなか来ない。」なにかおかしい。最果ての地、知床で、赤いやつは世界の異変を感じる。これは、自然・獣・人間がせめぎ合って暮らす斜里での、摩訶不思議なほんとのはなし。

Photo by Naoki Ishikawa

吉開菜央(よしがい・なお)

映画作家・ダンサー。1987年山口県生まれ。日本女子体育大学舞踊学専攻卒業、東京藝術大学大学院映像研究科修了。観ること、聴くことによって動かされる感覚・情動を軸に、映画そのものを踊らせるつもりで映画を制作している。監督した主な映画は『Shari』(ロッテルダム国際映画祭2022公式選出)『Grand Bouquet』(カンヌ国際映画祭監督週間2019正式招待)『ほったまるびより』(文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門新人賞受賞)。



プログラム②

『わたしたちの家』80分 / 2017年 / 日本 / 2018年劇場公開作品

監督:清原惟 脚本:清原惟、加藤法子

出演:河西和香、安野由記子、大沢まりを、藤原芽生、菊沢将憲、古屋利雄、吉田明花音、北村海歩、平川玲奈、 大石貴也、小田篤、律子、伏見陵、タカラマハヤ

第68回 ベルリン国際映画祭 フォーラム部門 正式出品

第42回 香港国際映画祭 インディーパワー部門 招待上映

第21回 上海国際映画祭 Asian New Talent Award部門 最優秀アジア新人監督賞

第39回 ぴあフィルムフェスティバル(PFFアワード)グランプリ

第33回 高崎映画祭 監督たちの現在(いま)上映

父親を失った14歳の少女セリは、母親の桐子と二人で暮らしている。記憶を失った女性さなは、船内で出会った女性透子の家に住まわせてもらう。まったく別々の2つの物語が、ひとつの同じ「家」の中で交錯し、進行する。

© 東京藝術大学大学院映像研究科

清原惟(きよはら・ゆい)

映画監督、映像作家。17歳のときはじめて友人と映画をつくってから今まで、映画や映像をつくりつづけている。監督作『わたしたちの家』と『すべての夜を思いだす』がそれぞれベルリン国際映画祭フォーラム部門をはじめとした様々な国際映画祭で上映される。ほかの活動として、土地やひとびとの記憶について、リサーチを元にした映像作品を制作している。現在『すべての夜を思いだす』は劇場公開中。


映画祭カテゴリの最新記事