梅田誠弘

『水いらずの星』梅田 誠弘 ×河野 知美 W 主演。越川道夫監督による映画化決定。

岸田國士戯曲賞受賞作家 松田 正隆の名作 『水いらずの星』の映画化が決定。メガホンをとるのは、越川道夫監督。発表されたキャストは、W主演となる 梅田 誠弘『由宇子の天秤』 × 河野 知美『ザ・ミソジニー』。 越川道夫監督が、脚本家・松田正隆の戯曲『水いらずの星』を映画化する。

映画『鬼が笑う』上映初日、舞台挨拶開催。皆さんと父親にこの映画を捧げたい。

6月17日(金)より映画『鬼が笑う』がテアトル新宿で公開。公開初日を記念して満席の中、初日舞台挨拶が行われ、半田周平、梅田誠弘、岡田義徳、赤間麻里子、大谷麻衣、木ノ本嶺浩といったキャスト陣が登壇。ムーディ勝山が MC を担当。フォトセッションの際には脚本を務めた三野和比古。三野博幸プロデューサーも壇上に肩を並べた。

映画『由宇子の天秤』で注目の女優・河合優実。表現する仕事に就きたいと思った理由とは

10月9日(土)渋谷ユーロスペースにて、映画『由宇子の天秤』の上映後トークイベントが行われた。登壇者は、河合優実、梅田誠弘、春本雄二郎監督の3名。トークイベントでは、キャスト起用のきっかけやオーディション時のエピソードなど、注目の集まる若手女優・河合優実にスポットをあてた話が披露された。 『由宇子の天秤』では、梅田誠弘と河合優実は父(小畑哲也)と娘(小畑萌)を演じている。

映画『かぞくへ』上映イベント。映画をつくる若い人たちの道筋・モデルケースになりたい

9月29日、池袋の新文芸坐にて、映画『かぞくへ』の上映イベントが開催。春本雄二郎監督と俳優の梅田誠弘が登壇。映画作りのきっかけ、オーディション、撮影秘話を語った。 映画『かぞくへ』は、主人公の旭(演・松浦慎一郎)が結婚間近の中、その親友の洋人(演・梅田誠弘)に紹介した仕事で詐欺被害に遭わせてしまい、旭自身も苦しい状況に追い込まれていくストーリー。 今回、春本雄二郎監督の新作『由宇子の天秤』の上映開始に伴い、前作『かぞくへ』の上映とトークイベントが開催された。