池袋シネマ・ロサ

1/3ページ
  • 2022.10.25
  • ,

『夢半ば』へ応援コメント到着。前作『追い風』池袋シネマ・ロサでの一日限定上映も決定。

11月12日(土)より、東京・ポレポレ東中野にて、『夢半ば』がレイトショー公開を皮切りに全国で順次公開されることが決定。6名からの応援コメントが到着。本作公開に伴い、長編前作の『追い風』が池袋シネマ・ロサにて一日限定で上映されることが決定した。

『私を判ってくれない』の平岡亜紀、スタッフでの声がけかと思ったら、主演でびっくり。

9月9日(金)より池袋シネマ・ロサで公開をスタートした映画『私を判ってくれない』の公開記念として、9月10(土)池袋シネマ・ロサで主演の平岡亜紀さん、花島希美さん、和泉ちぬさん、近藤有希監督、水落拓平監督の舞台挨拶が開催。MCは水落監督、近藤監督の二人が担当した。

この夏、いまおかしんじ監督新作映画 4 本が連続公開。コメント、スタンプラリー情報も。

撮影時期や配給会社も異なる、いまおかしんじ監督新作映画4作品が8 月から 9 月にかけ単独公開を迎えるという異例の事態となっている。映画ファンだけでなく、興行界も注目している、いまおかしんじ監督作品をまとめて紹介。各作品の上映館の番組担当者 4 名によるメッセージ到着。「いまおかしんじ監督作品を公開し続けるワケ?」とは

「秋田ようこさんが作品の雰囲気を体現してくれた。」映画『(Instrumental)』初日舞台挨拶。

6月25日(土)、池袋シネマ・ロサにて、映画『(Instrumental)』が公開。監督、キャストによる上映初日舞台挨拶が開催された。 登壇者は、主演の秋田ようこ(以有真知子役)、黒澤凜士(岡孝汰役)、二瀬萌(新海華役)、川島祐樹(古谷敏彦役)と、宮坂一輝監督の5名。撮影時のエピソードなどをステージ上から披露した。

“何らかの問題が解決して完結…”にはならないものを作りたかった。映画『(Instrumental)』主演・秋田ようこ、宮坂一輝監督インタビュー

6月25日(土)から池袋シネマ・ロサにて、映画『(Instrumental)』が公開される。 今回、主演の秋田ようこさんと宮坂一輝監督にお時間をいただき、本作およびご自身について、たっぷりとお話をうかがいました。その内容をお届けします。

映画『ここ以外のどこかへ』初日舞台挨拶。帰宅後の遠出や家を離れていた実話が披露。

6月18日、池袋シネマ・ロサにて、映画『ここ以外のどこかへ』が上映初日を迎えた。初日舞台挨拶にはW主演の辻本りこ、森本あお。二人の母親役の小夏いっこ、大石菊華。椎名零監督が登壇。来場者からの質問をその場で受け付け、撮影当時のことを振り返った。

監督・スタッフの多くが現役の中央大学の学生。コロナ禍で身を以て感じてきた生きづらさとコロナ収束後の希望を表現。映画『to…』

4月30日(土)から5月6日(金)の1週間、池袋シネマ・ロサのインディーズフィルム・ショウ新人監督特集vol.8にて、塩野峻平監督の映画『to…』の上映が決定。塩野監督作品の劇場公開は今回が初となる。映画『to…』は、コロナ禍の“端の人“を描いた3本のオムニバス作品。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭や門真国際映画祭など、大学在学中から複数の映像コンペティションで高い評価を得てきた塩野峻平が、コロナ禍の“端の人”を描くオムニバス映画を監督した。監督・スタッフの多くが現役の中央大学の学生であり、彼らが身を以て感じてきたコロナ禍の生きづらさを繊細に表現し、コロナ収束後の世界への希望を作品に託した。

1 3